アメリカで挑戦中の俊介さんの挑戦記録

いつもブログ等への本当に数多くの応援メッセージ有難う御座います。

現在、俊介さんはアメリカの独立リーグで日々挑戦し続けています。5月3日(現地時間)の試合では2イニングを投げて見事勝利投手となっています。

そこで関東地方が大雪にみまわれた2月8日土曜日(日本時間)の日本を発ってから、5月4日現在までの俊介さんの記録をまとめてみました。

スポーツニュース等で載せられているのはメジャーリーグでのオープン戦の3試合の結果のみですので、それ以外のライブBP以外の投げた試合の結果をまとめています。

なお、詳細は先日まで俊介さんと共にアメリカで挑戦してくれた弘田さんのブログから1部引用させて頂いてます。

渡辺俊介 投手 アメリカ挑戦の記録

ボストンレッドソックス所属時

2月27日 
練習試合 対 大学生  5回表 1イニング
0四死球 0安打 0自責点 
全10球 ストライク8球、打者三人 空振り三振(右打者)、二ゴロ(左打者)、遊ゴロ(左打者)

3月2日 
オープン戦(メジャー) 対 ツインズ  8回裏 1イニング
0四死球 0安打 0自責点
全14球 打者3人に対して、空振り三振、完全な当たり損ねの1塁ゴロ、そして3-1と苦しいカウントから、力のある真っ直ぐで詰まったセンターフライ

3月9日  
オープン戦(メジャー) 対 7回表 1イニング
1四球 2安打 2自責点
登板投手の乱調と味方の失策が重なり、0-4から四点を失い、更に無死満塁、という痺れる場面から急遽登板しました!始めの打者に1-2カウントと追い込んでから、カーブを引っ掛け痛恨の押し出し死球。
流れを変えられずにその後二本のタイムリーも許してしまいました。

3月16日  
オープン戦(1A) 4回表 1イニング
0四死球 1安打 0自責点
全9球 打者3人、被安打1(三塁前のセーフティバントでした)、三振1 ショートゴロゲッツー

3月19日 
オープン戦(3A) 4回裏 1イニング
0四死球 0安打 0自責点
全16球 右打者3人に対し、一人目は真っ直ぐ、カーブ空振り、カーブ空振りの三振。二人目は2-2カウントからストレートでファーストファールフライ。三人目は3-2のフルカウントから、たぶんシンカーでしょうが、やや甘く入り、A打球の大きなレフトフライ。

3月22日 
オープン戦(3A) 6回・7回 2イニング
0四死球 1安打 0自責点
全26球打者7人

 投球内容ですが、6回は、
①先頭打者:左 真っ直ぐファール、シンカー見逃しストライク、スライダーファール、から多分真っ直ぐで見逃し三振。
②右 2-2カウントに追い込み6球目、シンカーで空振り三振。
③1-0から真っ直ぐを当たり損ねの1塁ゴロ。

 7回は、
①先頭打者:左 0-1からのインコーススライダーを詰まらせるも、サードの頭の上を越える、レフト線2ベース
②右 1-2と追い込んでから、ショートゴロ。ランナー進塁し1死3塁
③左 1-0からの2球目のインコース真っ直ぐに詰まり、浅いレフトフライ。ランナータッチアップ出来ず。2死3塁
④右 2-2からの6球目の外より低めの真っ直ぐを三遊間よりのサードゴロ、でチェンジ。

3月28日 (アメリカ時間)
オープン戦(メジャー) 対 ツインズ 9回裏 1イニング
0四死球 0安打 0自責点
全8球 右打者・投ゴロ、右打者・浅いライトフライ、左打者・セカンドゴロ





アトランティックリーグ(独立リーグ)
ランカスター バーンストーマーズ所属時

4月18日
オープン戦 5回裏 1イニング
全26球、被安打1、被本塁打1、自責1、四球2、奪三振2

4月20日
オープン戦 4回表 5回表 2イニング
全28球 打者9人、被安打3、奪三振2、失点と自責は共になし

4月25日
リーグ戦 対 Sugar Land Skeeters 7回1イニング

2四死球 エラー1 1自責点 防御率9.00

4月26日
リーグ戦 対 Sugar Land Skeeters 9回1イニング

0四死球 0安打 0自責点 防御率 4.50

5月1日
リーグ戦(ホーム開幕戦) 対 York Revolution 6回表 1イニング
0四死球 0安打 1三振 0自責点 防御率 3.00

5月3日
リーグ戦 対 Somerset Patriots 7回・8回 2イニング

1四死球 1安打 0自責点 防御率 1.80 勝利投手

(2014年05月05日)